葬式について

費用を安くするための葬式のスタイルの変化

葬儀、葬式は人が亡くなった後に行われる宗教的な儀式です。
故人を弔い、お別れする故人だけでなく、家族、親戚、知人にとっても大切な儀式です。
昔は自宅で行い、近所が手伝いをしてくれましたが、近年は葬儀会館を貸切行うようになってきております。
近年問題となっているのが、葬儀にかかる費用です。
香典などで一部がまかなわれるとしても100万円単位の費用がかかります。
遺族にとってはその費用も負担になっています。
葬儀費用が負担できず、葬儀を行わないケースもあります。
しかし、葬儀は行いたいという遺族の希望などもあり、近年は、家族葬、密葬などというよに親しい人だけで簡単に葬式を行うケースが増えています。
参列者が多いと費用がかかりますので、小さな葬儀会館を借りて、親しい人だけで行います。
また、さらに、葬儀すらも行わず、家族だけで火葬に立会い、お墓に骨を入れるという形もあります。
さらには、散骨して、海、山などにまくという遺骨すら残さないスタイルもあります。

Copyright© 葬式 All Rights Reserved.

費用を安くするための葬式のスタイルの変化
葬式